木のはなし ~榛名の森…山の恵み~

榛名の森で育まれた木々を使用

古来より信仰を受け裾野に榛名湖を抱く榛名山。
山頂には榛名湖があり、周辺には伊香保温泉をはじめ各種の温泉が湧き出る美しい場所です。
その山麗の美しい森で育まれた木々を、私達は家づくりの良質な材料として使用しています。

榛名山山麗には樹齢100年にもなる目が詰まった美しい榛名山の杉もあり、貴重な資源となっています。
榛名の森の杉や桧を使うことで、日本の資源を未来に繋ぐ森づくりに貢献しています。
製材所でも特に良い材料を吟味し、お客様にご確認いただくこともあり、生産者と消費者の顔が見える家づくりを目指します。

地域で取れた木々を、地域の家づくりに活かす。
日本の国土における森林面積の比率は67%で、フィンランドについで世界2位という森林国です。
にもかかわらず、消費される比率は19%しかなく、残り80%以上は価格の安さのために輸入材が使われています。
安い輸入材は育った風土気候が違うため、防腐、防蟻の処置や防疫上の理由で薬物燻蒸(虫を殺す消毒)をされますが、
それが人体に影響がないとは言い切れません。

また、国内には木材として利用できる樹齢になっても伐採されない木々が増えています。
間伐をしないと日光が届かなくなり下層植物が育たず、土地の保水力が乏しくなって、大雨などでの災害などの被害を受けやすくなります。
これを防ぐためには、伐った木を有効に使い、山を適切に管理して環境を整え、住宅に木材を使うことで、
山に資金が戻るような経済の循環を取り戻す必要があります。

地域で取れた木々は、地域の風土や気候に最も適した材料であり、私達の体に優しい環境が育んだ天然素材です。
また、輸入材に比べて、輸送コストも軽減できるためCO2の発生を抑え、環境に優しいという側面もあります。

私達は地域の山の木々を使い、地域の環境に貢献し、地域の気候に適した、良質な木材を使用し続けます。